境川軽鴨のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの評価 2018年第1期

<<   作成日時 : 2018/02/11 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年もこの時期がやってまいりました!今回は削って削りまくって観る作品数も少なくしたため4作品も早いうちに決めることが出来た。今年もまんがタイムきらら(芳文社)の作品が多く紹介するかもしれない


ゆるキャン△ あfろ原作
 キャンプのネタの作品かと思って観たが意外にはまりキャンプの知らない事も知って役に立った部分がたくさんあった直火禁止とか知らなかった主人公のリン(声:東山奈央)は大自然の中で一人で謳歌するのが好きで野外サークルにも入らない一匹狼だが社交的ななでしこ(声:花守ゆみり)が入ってきて野外サークルのメンバーの千明(声:原紗友里)あおい(声:豊崎愛生)の橋渡し的で重要な役回りをしている。背景の富士山や風景景色の写実がなっており某有名歌手の野外コンサートに使われた場所も出てきてどこのキャンプ場か実在する場所なので考える楽しさもある。あとナレーター(声:大塚明夫)もツボを押さえていると思う

スロウスタート 篤見唯子原作
 話自体は少女漫画らしいふんわり的な話があったり聞き間違ってボケをかます事もあり各キャラクターの事情的な話があったりヒロインの花名(声:近藤玲奈)はおたふくかぜで入試が受けられずそのまま中学を卒業高校浪人しているし、元気でマイペースなたまて(声:伊藤彩紗)だが名家らしいし、コミュニケーション能力が卓越して逆にそれが怖い栄依子(声:嶺内ともみ)、無表情で人見知りだが栄依子ラブな冠(声:長縄まりあ)の女子校生性活に何が起きるか果たして実は花名は浪人していて年上だとみんなに打ち明けられるのか

宇宙より遠い場所 よりもい原作
 女子高生が南極に行く話で直線距離が宇宙より長いというタイトルでそんな事あるのかと正直思うが結局行けるメドになりその南極大陸で無謀だとか無理とか言っている連中にぎゃふんと言わせたいようでそれに賛同したヒロインのマリ(声:水瀬いのり)と言い出しっぺの報瀬(声:花澤香菜)、高校通っていないが高認合格している日向(声:井口裕香)、もともと行く予定だったが一時は拒否していた結月(声:早見沙織)のやり取りが面白いしメインキャラクター全員声優紹介で紹介しているし必見度は非常に高いと豪語する。ちなみにマリたちが通っている舞台とか場所は多々良館林とぶんぶくちゃがまで有名な茂林寺だとすぐに分かったし東武伊勢崎線ですぐだし聖地になるかもしれない 

覇穹 封神演義 藤崎竜原作
 以前1999年7月に「仙界伝 封神演義」が放送されそれを観ていたので大まかな内容は覚えているつもりだ。そのため今回の声優の欄は「声:前作→今回」と表示することにする。今回の覇穹を観て前作は姫昌(声:麦人→清川元夢)中心が多かったが今回は主人公の太公望(声:結城比呂→小野賢章)中心に話が通常に進むようで太公望の師匠元始天尊(声:大木民夫→津田英三)から命ぜられた封神計画で人間界を我が物顔にしている妖怪魔物を倒し強制的にに強制送還させるがそのために仲間が集め飛虎(声:田中一成→細谷佳正)、楊戩(声:千葉進歩→中村悠一)、哪吒(声:宮田幸季→古川慎)は前向きになっている。妲己(声:かかずゆみ→日笠陽子)により朝廷の機能は皆無で戦乱が起きる所まで至っていて紂王(声:松田佑貴→浪川大輔)を守るだけではなくある理由の聞仲(声:松山鷹志→前野智昭)が大きな壁になっている。太公望のお供だがカバだかムーミンだかよくわからない四不象(声:増川洋一→櫻井孝宏)がマスコット的キャラが面白い。都合のいい方に味方する申公豹(声:石田彰→鳥海浩輔)が陰で面白がっているし。元凶になっているエロフェロモン出しまくりの妖狐妲己を倒すのはまだ先だが前作にも関わることだが妲己を倒してようやく封神計画の真の目的が発生するので佳境は見逃せないのは間違いない。ちなみにお気に入りのキャラ雷震子(声:松本梨香)は今回は登場しないよだ残念


 他にはだがしかし2 たくのみ七つの大罪 戒めの復活メルヘン・メドヘンりゅうおうのおしごと!デスマーチからはじまる異世界狂想曲を観ている


 今回紹介する声優はベテラン枠の今回はゆかなです。以前は野上ゆかなだったのだが今では後ろの名前だけになってしまったが未だに野上ゆかなと呼んでいる
 新人の時から知っていてウェディングピーチのゆりも今でも印象に残っているし、カードチャプターさくらの苺鈴で声優をものにした感じがあって適応力は見た目よりもはるかに持っているようだ
 他にはDTエイトロンジェシカ天使になるもんっ!夏海ちょびっツ琴子ぴたテン紫亜フルメタルパニックテレサコードギアスC.Cセキレイ風花インフィニットストラトスセシリアアマガミと劇場版ではXのお気に入りのキャラ譲刃を始めとして多数の役を演じている

 さらに今年は大いに期待している作品が夏に放送予定されているその名は邪神ちゃんドロップキック(原作:ユキヲ)である。以前からメテオコミックでパソコンを使って読んでいて面白いと持思っていたし作者のユキヲもパピポ(既に廃刊)に掲載していたしそれ以降今でもこの漫画をよんでいる。一応念のため書いておくが邪神ちゃんドロップキックは成人マンガではありません。コミカルな内容なので一応全年齢対象のアニメになる筈です更なる詳細は次回に書く予定です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメの評価 2018年第1期 境川軽鴨のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる