境川軽鴨のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの評価 2019年第1期

<<   作成日時 : 2019/02/11 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年最初の恒例のアニメ評価の時期がやってまいりました。今回は取り上げる作品は決まっているのは書くだけなのだが、決まっていないのはどれにしようかと悩んだ結果、ようやく埋まった感じになった。始めから五等分の花嫁エガオノダイカは既に話題になっていたのでその辺のサイトとか見てくださればそっちの方が詳しく記されているので取り上げることは避け、敢えてを今回も貫いているのでご了承ください。


えんどろ〜! い〜あ〜るぴ〜原作
 冒頭で魔王を倒して終わってしまうところからエンドロールしてしまうが途中で切って過去に戻って少女だけの冒険者たちのお気楽でゆるいコメディーでファンタジックな内容が面白いと思った。ユーシャ(声:声:赤尾ひかる)、セイラ(声:夏川椎菜)、ファイ(声:小澤亜季)、メイ(声:水瀬いのり)とそれぞれの一長一短の個性でうまく困難を乗り越え活躍する物語である。ロリの魔王マオ先生(声:久野美咲)とユーシャのスポンサーを名乗り出たローナ(声:麻倉もも)も味があって良いが個人的はカルタードに長けたメイが突飛のない事をするが陰で支える役目を果たしているのが好きである

ドメスティックな彼女 流石景原作
 観ていて意外に良いと直感に思った。実写もあると探ったらWEB MOVIEでやっているし。今まで観ていてタイトル通り猟奇的なのは見られないから良いのかもって錯覚しているかもしれないひょんなことで知り合った主人公夏生(声:八代拓)と瑠衣(声:内田真礼)と教師で瑠衣の姉陽菜(声:日笠陽子)だ親の再婚で同じ屋根で暮らす事になり陽菜の陰のあるシーンがあったりドラマ張りの内容で良くできている作品だと思う。夏生の葛藤も見物かも知れないがもも(声:佳村はるか)を依存を解放させたのは神対応だと感心した。そして話の鍵を持っているのが夏生の幼馴染の文哉(声:江口拓也)が気楽に相談に乗ってくれるし的確なアドバイスをしているので物語の重要なポイントを押さえているように見える。

バミューダトライアングル カラフルパストラーレ ブシロード原作
 人魚たちの物語。一言でそう言える作品。逆にそれだけで物語が成立するのか興味を沸いた。年頃の人魚たちの活躍と結束力が素晴らしい。みんな主人公ぽいが目的を見付けたソナタ(声:武田羅梨沙多胡)らしいが、ムードメーカーでボケ担当のキャロ(声:進藤あまね)、クールで理論的なセレナ(声:遠野ひかる)、女子力が一番高いフィナ(声:紡木吏佐)、都会が嫌になって舞台のパレーム村やってきてツッコミもするカノン(声:平栗萌香)が今は映画館再生で物語が進んでいる。ベテランも味があり、親みたいで村長のアルディ(声:日のり子)、と影の番長(?)かもしれないフェルマ(声:井上喜久子)は最強コンビである

ぱすてるメモリーズ フリュー原作
 今期最大ウケる作品。良く言えばオマージュ。悪く言えばパクリ。それもそのはず作品がもどきだけど実在するのだから最初からごちうさもどきから始まり、ローゼンもどき、ローきゅーもどき、りゅうおうもどき、ハム太郎もどきと作品の中のウィルスをうさぎ小屋本舗でバイトする女の子が退治する話でウィルスが進行すると忘れられたり、作品自体が亡くなり無いものになってしまようで既に秋葉原が単なるオフィス街になっているし… 各話でその題材になっている作品の思い出があり退治でそれを守ることになっている。12人もいるので特徴を持ったキャラクターばかりだがオマージュ(パクリ?)キャラもいるが見た目が物語シリーズの翼に似ている亜矢香(声:鳥部万里子)そして中身がえとたまのにゃーたんそのものの結衣奈(声:村川梨衣)がいる。ヒロインは泉水(声:新田ひより)だが他に11人いるからあまり目立たない個人的にはレイアースもどきで悪役の麻耶(声:たかはし智秋)がアルシオーネもどきの格好して、うさぎ小屋メンバー:「しつこいおばさん」麻耶:「おねえさんだよ!」というボケツッコミを見たいと勝手に思った

 他にはデートアライブV五等分の花嫁エガオノダイカワンパンマン、 続いて観ているのは3作品もあり転生したらスライムだった件ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風そしてとある魔術の禁書目録Vである。



 第1期の声優紹介は恒例のベテラン勢を紹介をするのだが、昨年は野上ゆかな(ゆかな)だったため今回は昨年入籍した氷上恭子を紹介します。
 氷上恭子を知ったのは24年前の愛天使伝説ウェディングピーチのヒロインのももこで知っている人は知っている伝説(?)の作品。何せ変身が「お色直し!」っていうんだから特徴があるって今でも思う。ウェディングドレスに変身してどう見ても機動力が無くなっている所もVS騎士ラムネ&40炎のカカオもインパクトがあるが個人的にはデ・ジ・キャラットラビアンローズ(ヒカル)のでじこ(声:真田アサミ)とのライバル同士のやり取りが一番インパクトがあって面白かった 
 他には魔法少女プリティサミー樋香里吸血姫美夕優子カードチャプターさくら容子トライガンステファニーTo Heart琴音ベターマン火乃紀サクラ大戦椿ファイナルファンタジー:アンリミテッドリサなど多種多様のキャラクターの声を当てている。


 次回の第2期は今年一押しになるだろうの作品「YU-NO」が放送されるのでその作品は取り上げることを予告します。20年前にOVAであったが18禁のシーンはカットされるんだろうな〜
 次回だが5月なので元号が変わるがあまり関係ない。何せ西暦で記しているから〜しかし第2期の前の記事に新5Kの発表が来るのでお忘れなく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメの評価 2019年第1期 境川軽鴨のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる