シン・エヴァンゲリオンを観に行って

16157045309845933467038766746386.png飲食はしていない

 昨日の13日にシン・エヴァンゲリオンを観に行った。会社帰りに寄り道をして明後日のチケットを券売機で購入し、生憎の雨の中スマホの機種変更を兼ねて昼食にいきなりステーキでウルグアイ産のステーキを食べた。
 会場についたが雨にもかかわらず思ったよりも人が多かった。スクリーンの所に行っても上映開始の週だけあってほとんど席が埋まっていた。ガンダムやトムとジェリーの映画予告を見てテレビ版第1話から今日まで26年かけて遂に完結!
 内容は省略して自分なりに考えたポイントを記してみた

シンジが立ち直り成長
シンクロ率無限大
ゲンドウの弱さ
アスカ・レイ等の救いの仕方
人類補完計画

 以上の点を見て行けば何となく分かると思います。いじけたシンジがどのように立ち直った事で話の展開は変わっていったように見えた。表面上は強がっても結局はゲンドウにも育った環境によって弱い部分が存在し妻のユイが死んでしまい、メンヘラへし暴走してしまったのを止めたシンジが今までのシンジには無かった成長ぶりを見ることができる。それにしてもレイの頭だけのアップは不気味より怖かった
 最後にチルドレンの呪縛が解け見た目通りの大人になっていたシンジとマリ。流石にシンジの声は緒方恵美を使わず神木隆之介を使い今までにない気取ったセリフを言わしたようだ。最後の舞台にしたのは庵野秀明総監督出身の宇部で引きで全景を見せてエンドロールからの右端の文字「終劇」で終了した

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント